すねの内側の痛み(シンスプリント)

今回はシンスプリントについてご紹介します。

 

シンスプリントとは、、、、、

 

脛骨過労性骨膜炎とも言われ

 

脛骨内側(すねの内側)下1/3に痛みが出てきます。

 

中高生などの成長期にスポーツをしている方に起こりやすく

 

使い過ぎなどで筋肉が硬くなり


筋肉が付着している骨膜を引っ張ることで

 

炎症が起こると一般的にいわれています。

 

また、足に合っていない靴の使用、偏平足、回内足、走りのフォー

 

ムなども発生の原因となる事があります。

 

 

症状が悪化すると安静時にも痛み

 

日常生活にも支障が出たり疲労骨折につながることもあります。

 

痛みの段階としては

 

①痛みはあるがウォームアップで改善

②ウォームアップにより痛みが消失するが

 スポーツ活動終了近くに痛む

③日常生活に支障はないがスポーツ活動中常に痛む

④局所の痛みは常に存在して日常生活にも支障がある

 

痛みを我慢して運動を続けると

 

その分治療期間も長くなってしまうので

 

早期治療が肝心となってきます。