オスグッドでお悩みの方

 

●オスグッドシュラッター病とは

太もも前面の筋肉の異常な張りにより、付着部である脛骨粗面(膝のお皿の下)が引っ張られ、段々と突出して痛みと腫れが出てくる障害で、中高生のバスケットボール、サッカー、バレーボール、陸上競技等のスポーツをしているお子様によくみられます。

オスグッドの特徴的な症状として、走る・屈伸動作・正座・階段の上り下り・ジャンプという動作で痛みがでます。

 

●一般的な施術

一般的な治療では電気治療やマッサージ、湿布、痛み止め、アイシング、サポーター、ストレッチ、筋トレなどを行うのが一般的ですが、一向に改善が見られない場合、治療法が合っていないと思われます。

そもそも、痛くなっている部位をストレッチなんて痛くて出来ませんし、ひたすらに太ももを揉んでも一時的に楽になるだけで、次の日にはまた元に戻ってしまう事が多いのではないでしょうか?

 

●当院での施術

当院では特殊な手法で膝の脛骨粗面の筋膜を調整し、痛みが出るような姿勢を良い状態に戻すことで、患部の疼痛を改善していきます。自宅で行うセルフケアも一緒にアドバイス致しますので、多くの患者様は1~2回目の施術で効果を実感でき、5回以内でかなりの改善がみられます。

もし他の治療を受けて痛みが変わらないという方は、ぜひ当院へ一度お越しください!

 

 

茶山鍼灸整骨院・リラクゼーション茶山

〒814-0111 福岡市城南区茶山1丁目9-48

092-836-9157   予約優先となります