オスグッドの患者さん

こんにちは☀

あっという間に2018年も3か月が過ぎましたが皆さまいかがお過ごしですか?

寒さも和らぎスポーツの本格的なシーズンが始まる方も多いのではないでしょうか。

今回は当院を利用されてる患者様の症例を紹介します。

 


 

症例:ジャンプ時の脛骨粗面(膝の皿の下)の痛み / オスグッド

 

患者様:高校生 女子バレー部

 

来院1日目:・脛骨粗面の若干の隆起あり

      ・安静時、立位での痛みはなし

      ・ジャンプ、正座など

       膝の曲げ伸ばし動作時に痛みあり

      ・大腿四頭筋の筋緊張あり

      ・練習時はサポーターを着用

 

 

当院では特殊な手法で膝の脛骨粗面の筋膜や姿勢を調整し、

患部の痛みを改善していきます。

 

施術後はしゃがみこみ動作の痛みはなくなり

片足でのジャンプも痛みなくできるように!!

この状態を維持するために

自宅でのセルフケアも一緒にアドバイスしこの日の施術は終了。

 

 

来院2日目:前回の症状を確認したところ

      セルフケアを頑張り毎日していたこともあり

      痛みはほぼなくなっているとのことでした。

      今までは痛みで練習を休んだこともあったそうですが

      今回は練習を続けながらの治療で

      痛みが改善したようです。

 

 

オスグッドなど痛みの改善は当院の通院ももちろんですが

ご自宅でのセルフケアも重要になってきます。

オスグッドの痛みでお悩みの方、

今までの治療で痛みが改善されない方は

ぜひ一度当院へご来院ください!